VR/AR

a16z

メタバースに不可欠な7つの要素

メタバースはこの記事でも何度も扱っていますが、今では日常的にニュースなどでも目にするような社会的に浸透している概念になってきているかと思います。しかし、そのような状況でも「メタバースってて結局なに?」という問いに答えられる方は少ないのではないでしょうか? 実際に大手テック企業の中でもMicrosoftのビル・ゲイツ氏やサティア・ナデラ氏はメタバースは既に起こっているという認識のようですが、NVIDIAなどの他社ではまだまだ先の技術だという意見があったり、世界的にメタバースをリードしていく人々の中でもその意見はさまざまなようです。 そんな中でこの記事では、a16zよりメタバースを構築する7つの要素について、物理世界(いまのWeb2)とメタバースを比較しながら解説した記事となっています。
Business

メタバースは物理的なオフィスをリプレースできるのか?

この記事では、6人の専門家によってそれぞれの知見を踏まえてメタバース(バーチャル環境)が物理的なオフィスをリプレースするのか?について意見を述べています。リプレース派・ハイブリッド派・リプレースされない派…それぞれの専門家によって様々な意見がありますが、一つ言えるのはCovid-19による強制的なハイブリットワークへの移行は私たちの従来の働き方に対して、良いも悪いも非常に大きなインパクトを残したということです。
VR/AR

〜FAANGの面接を勝ち取る最初のUXポートフォリオサイトを作るための7つのステップ(2022年の新人Amazon、Facebook、Microsoftのデザイナーの例)〜

何度か私のブログでも記事にしていますので、オリジナル記事の筆者にのLeonさんについてはご存知の方も多いかもしれません。初めてみた方のために簡単な紹介をしておくと、Leonさんは現在ExpediaでUXデザイナーをしています。過去には、スタートアップからAmazonやGoogleのような大手ハイテク企業まで、学校に通いながらインターンや契約社員として働いていました。 UXGOのコーチとして、デザイン業界へ進みたい学生や新進デザイナーのために記事を書いたり、1:1のサポートを提供しています。 最初のポートフォリオサイトを作るのは、圧倒的な経験です。このような疑問をお持ちの方、またはポートフォリオを次のレベルに引き上げるにはどうしたらよいかわからない方に、この記事をおすすめします。
Business

インクルーシブなAR/VR体験をデザインするための設計図 ~A blueprint for designing inclusive AR/VR experiences ~

Meta社のOculusに代表されるように最近は急速にバーチャル空間での体験が進化しています。ネットゲームの世界にあるような態度の悪いユーザーが急増しているのも事実です。バーチャル空間がだれにとっても過ごしやすく、快適な場所にするためには相応の規定が必要です。 この記事では、それらの規定を策定するにあたっての根底の考え方や実際にMetaがデザインした事例をご紹介していきます。
タイトルとURLをコピーしました