10 times Facebook copied a competitor ~Facebookがコピーした10の競合企業〜

Study

今回の翻訳記事は「10 times Facebook copied a competitor」~Facebookがコピーした10の競合企業〜です。

現在は世界の中でも最も影響力の大きい企業の1つとも言えるFacebookが、競合企業の模倣をしていることは度々問題になっていますが、私たち日本のユーザーはそこまでその点に関心がない方も多いのではないでしょうか。やはり私たちにとってはLINEがメッセージングアプリとしてのスタンダードですが、世界的にはWhatsappを使っている人が多いため、日本でのFacebookの影響力はまだまだ低いということが言えるのかもしれません。

そんなFacebookはマーク・ザッカーバーグ氏がサービスを立ち上げた当初から、アイデアが盗用だと裁判沙汰になっていた(ようなことを聞いた覚えがあります)が、現行のサービスを洗練し、より大衆に受けるように改善することに長けた企業という特性があるのかもしれません。確かにそのほかのテック業界の巨人を見ても、Apple(特にスティーブ・ジョブズ氏)も完全に新しい技術を0から作り出すというより、もともとあった技術や製品を応用して、より一般大衆に受ける製品を作り出すことに類稀なる才能があったのかもしれません。

流れの早いテクノロジー業界において、0から生み出すことはもちろん必要ですが、既存のアイデアに付加価値を加えて自社サービスとして世に送り出すことも重要な戦略と言えるでしょう。
そんな模倣の歴史を今回はFacebookにフィーチャーして取り上げます。

元の記事を読みたい方はこちらから⏬
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

ではスタートです!

************************************

10 times Facebook copied a competitor
~Facebookがコピーした10の競合企業〜

Image for post
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06より

 2004年、無名のマーク・ザッカーバーグ率いるハーバード大学の学生グループが、結果的に当初の目的とは異なりましたが、世界を変えるプラットフォームを開発しました。それから約10年半後、Facebookは20億人以上のユーザーを抱えるソーシャルネットワークに成長しました。その16年の間に、Facebookの目的や機能も変化しています。オンラインのコミュニケーションプラットフォームとして始まったものは、ほとんどすべてのことに使えるプラットフォームに成長しました。

 いくつかの開発やイノベーションはFacebookの研究開発部門によって考案されましたが、他の多くは、Facebookを試している破壊的な新参者からインスピレーションを受けたものです。なぜなら、諺にもあるように、優れた芸術家はコピーをし、偉大な芸術家は盗みをするからです。もちろん、知的貧困や不公平な競争について議論することもできますが、それは別のブログ記事のトピックです。この記事では、Facebookによる10のコピーと、それらがどれだけ成功したかを発見することができます。

Snapchat: Facebook / Instagram / WhatsApp Stories

Image for post
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

これはおそらく最もよく知られている例だろう。エヴァン・スピーゲルが自分のプラットフォームであるSnapchatの買収を希望するFacebookからのオファーを断った後、ザッカーバーグは写真や動画が消えるというアイデアをコピーすることにした。それらのストーリーズは、50万人以上の人々が毎日それらを使用しているInstagram上で特にうまくやっています。WhatsAppでは、この機能は、Facebookでは特に誤ってそのボタンを押す人々がいることから、この機能は世界の特定の地域で非常に人気があります。

Twitch: Facebook Gaming 

Image for post
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

ゲームやeスポーツの世界は、テック業界の中でも急成長を遂げている分野の一つです。FacebookがTwitchのような、ストリーマーがプレイしている間に他の人が見ているのを見られるプラットフォームに対抗しようとしているのは、Facebookの戦略上、論理的なことです。Facebookは何年も前からゲームに投資しており、最近では東南アジアとラテンアメリカで18ヶ月間の試用期間を経て、Facebook Gamingアプリを立ち上げました。しかし、このアプリはAndroidで500万回ダウンロードされているが、ストリーマーと視聴者の両方の面ではTwitchにも及んでいません。

Slack: Workplace by Facebook 

Image for post
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

オフィスでFacebookを使う?そんな夢を見続けましょう。 Facebookは、そのWorkplaceプラットフォームでSlackやMicrosoft Teamsに代わるものを提供しようとしてきました。あなたの同僚が共有しているものを見ることができる特別なニュースフィードもあります. どうやら300万人以上のユーザーがこの機能にお金を払っているようです。変な機能ですが、使い心地はまあまあです。

Facebook Dating

Image for post
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

この出会い系機能は2018年5月のF8で発表されたもので、まだ開発中ですが、このアイデアは間違いなく機能する可能性があります。人はあなたの好みや興味、Facebook上での他のことに基づいて提案されます。ザッカーバーグおじさん以上に誰もあなたのことをよく知っている人はいません。スワイプ機能はないが、これがうまくいけば、Facebookは数十億ドルの価値がある出会い系市場に参入することになるでしょう。

Foursquare: Facebook Places

Image for post
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

ビルに入るたびにチェックインしていたのを覚えていますか?ほぼ10年前、Foursquareは巨大な存在でした。2014年5月にアプリはSwarmとFoursquareの2つのアプリに分裂し、FacebookがFacebook Placesを再ローンチする数ヶ月前に、このアプリが登場しました。この機能はチェックインを可能にし、都市検索や都市/カテゴリーのランディングページを提供し、その位置情報APIと統合している。誰もどこでもチェックインするためにこの機能を使っている人はいないが、写真やステータスの更新を投稿するときには間違いなくこのツールを使っている。

Reddit: Facebook Groups 

Image for post
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

最近のFacebookは荒涼とした場所のように見えますが、そのグループはこれまで以上に活発です。特定のトピックを中心とした小規模なコミュニティであるRedditと比較するのは少し遠回しかもしれませんが、Facebook Groupsは基本的にこれまでのすべてのインターネットフォーラムになり得ます。筆者のThomasさんの考えでは、これはまだFacebookの最も過小評価されている機能だということです。残念なことに、Facebookのグループのレイアウトは、多くの場合、上の方に追いやられています。Redditとそのアップコメントとダウンコメントは万々歳でしょう!

Periscope: Facebook / Instagram Live

Image for post
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

アプリがローンチする前にTwitterに買収されてしまったという話を聞いたことがありますか?2015年1月にライブ動画ストリーミングアプリ「Periscope」に起こったことです。そのわずか数ヶ月後、FacebookはFacebook Liveを立ち上げました。この機能は私たちにチューバッカのマスクを被った女性をを生み出しました。そしてそのApp上には残念なことに、ほぼ毎晩のようにロックダウン中でも「ライブに行く」人たちがたくさんいます。

Signal: encrypted messaging op WhatsApp

Image for post
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

「Facebook」と「プライバシー」を同じフレーズで使うというのは、大きな問題があります。SignalやTelegramのような暗号化されたメッセージングアプリが人気を集めているので、WhatsAppはなんとかしなくてはなりませんでした。特に、アプリとその親会社との関連性に疑問を持ち始めた人が増え始めていたからです。2016年4月、WhatsAppはすべてのメッセージをデフォルトでエンドツーエンドで暗号化することを発表しました。このシステムはまだSignal(の方がアップテート回数が多く、より最新のセキュリティ機能を実装していますが)のものよりも強力ではありませんが、何かしらの対策を始めています。

Fortnite: Facebook Horizon 

Welcome to Facebook Horizon

これはおそらく、Facebookのこれまでで最も野心的なプロジェクトとなります。それは、非日常的な方法で探索し、遊び、創造することができる、拡大し続けるVRの世界です。メタバースと言ってもいいでしょう。友達に会ったり、ぶらぶらしたり、コンサートを見たりできるオンラインの場所です。Fortniteのようなものになりつつあります。基本的には同じ方向性ではありますが、唯一足のない変なMiiのアバターを使用しなくてはいけないという改善点があります。

eBay: Marketplace

Image for post
https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

Facebookは間違いなく、プラットフォーム内で買い物をしてほしいと思っている。その試みはFacebookの方向性からひしひしと感じられます。例えば、Instagram ショッピングや、Facebookマーケットプレイスなどがあげられます。私たちは人々が何を売っているかをチェックするためにその機能を開いただけで、ホームページには錆びた自転車、古いMacbook、フェイスマスク、ジャグジーなどが掲載されていました。

これらがFacebookが競合企業から模倣した機能10選になります。

************************************

今回の記事はここまでです。
Facebookという企業がどのような企業になりたいのか、そのもがきや方向性の決定の難しさが顕著に見られるように感じます。Facebookというサービスが爆発的に世界中で流行したあと、特に流れの早いソーシャルネットワーキングサービスという領域において、次の流れを作ることができるのか。私たちにとってまだ見ぬ新しいサービスを作り出してくれるのか、それとも既存のサービスを模倣しながらも洗練させることで新たな価値を提供してくれるのか。今後のFacebookに期待です。

Source:https://medium.com/ljosmyndun/10-times-facebook-copied-a-competitor-bda61d2d5c06

コメント

タイトルとURLをコピーしました