メタバース

a16z

2022年のクリプト市場に関するレポート 〜Introducing the 2022 State of Crypto Report〜

本日の記事はDaren Matsuokaさん, Eddy Lazzarinさん, Chris Dixonさん、Robert Hackettさんによる「Introducing the 2022 State of Crypto Report」の翻訳記事となります。 オリジナルはa16zが発行しているクリプトに関するレポートの内容を抜粋している形となります。オリジナル記事のリンク、そしてスライドのリンクは記事下部に記載がございます。興味のある方は是非オリジナル記事もご覧ださい。
VR/AR

オープンメタバースの有力サービス10選 〜The Leading Open Metaverses〜

今回の記事はメタバースに関するコミュニティであるMetaMundoによる記事となります。 記事内にもある通り、メタバースの原型とも言えるサービスは2003年に提供が開始しているSecond Lifeでしたが、このサービスは20年前のテクノロジーとしては先進的な概念を持ちすぎていたようです。(まだ今のメタバースがそのまま成功できるとも限りませんが…)
a16z

メタバースの土地:何がバーチャル世界の不動産価値を決めるのか? 〜Metaverse Land: What Makes Digital Real Estate Valuable〜

今回の記事はScott Duke Kominersさんによる「Metaverse Land: What Makes D...
a16z

メタバースに不可欠な7つの要素

メタバースはこの記事でも何度も扱っていますが、今では日常的にニュースなどでも目にするような社会的に浸透している概念になってきているかと思います。しかし、そのような状況でも「メタバースってて結局なに?」という問いに答えられる方は少ないのではないでしょうか? 実際に大手テック企業の中でもMicrosoftのビル・ゲイツ氏やサティア・ナデラ氏はメタバースは既に起こっているという認識のようですが、NVIDIAなどの他社ではまだまだ先の技術だという意見があったり、世界的にメタバースをリードしていく人々の中でもその意見はさまざまなようです。 そんな中でこの記事では、a16zよりメタバースを構築する7つの要素について、物理世界(いまのWeb2)とメタバースを比較しながら解説した記事となっています。
a16z

「メタバースで会いましょう!」はいつ実現するのか?

2020年12月にa16zよりリリースされている「Meet Me in the Metaverse」の翻訳記事となります。
Business

メタバースは物理的なオフィスをリプレースできるのか?

この記事では、6人の専門家によってそれぞれの知見を踏まえてメタバース(バーチャル環境)が物理的なオフィスをリプレースするのか?について意見を述べています。リプレース派・ハイブリッド派・リプレースされない派…それぞれの専門家によって様々な意見がありますが、一つ言えるのはCovid-19による強制的なハイブリットワークへの移行は私たちの従来の働き方に対して、良いも悪いも非常に大きなインパクトを残したということです。
Design

メタバースをデザインする🔮

この記事ではメタバース領域のデザイナーになるにあたって、重点的に学ぶべき4つの領域をご紹介しています。
Business

インクルーシブなAR/VR体験をデザインするための設計図 ~A blueprint for designing inclusive AR/VR experiences ~

Meta社のOculusに代表されるように最近は急速にバーチャル空間での体験が進化しています。ネットゲームの世界にあるような態度の悪いユーザーが急増しているのも事実です。バーチャル空間がだれにとっても過ごしやすく、快適な場所にするためには相応の規定が必要です。 この記事では、それらの規定を策定するにあたっての根底の考え方や実際にMetaがデザインした事例をご紹介していきます。
Business

The metaverse is coming ~メタバースの到来~

この記事はBobby Elliottさんによる「The metaverse is coming」の翻訳記事となります。メタバースとは何か、メタバースの環境では何ができるのか、実現のための課題、実現の目処についてご紹介していきます。メタバースについての基礎的な記事となります。
Business

FacebookがMetaに社名変更した本当の理由

社名変更後のMetaがメタバースを意味していることは明らかですし、Meta自体がその領域にフォーカスしていこうとしているのは自明の事実です。その過程の中で、メタバースというvirtualにおける巨大世界を構築するとき、Metaはどのような世界を目指しているのでしょうか?メタバース領域を本格的に舵を切るMetaにとって、競合企業はどこなのか?手を取りあうべき相手はどの企業なのか? Leonさんのデザイナー的視点からご説明していきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました