翻訳記事

Design

曲線的なデザインへのこだわり

今回の記事は、Eva Schickerさんによる、「The love of curvilinear design」という記事の翻訳版となります。 直線だけのデザインは角ばっていて、どこか冷たさを感じますが、曲線には柔らかさや優美さを感じることができると思います。そのような曲線という形にフォーカスしてみてみると、あなたが何かを生み出す時に今までになかった視点が出てくるかもしれません。
Market

2021 State of Direct-to-Consumer Brands〜2021年 D2Cブランドの現状〜

2021年に書かれた記事のため少し古い記事になってしまいますが、コロナウイルスというパンデミックを乗り越えた今、特にデジタルを活用したD2Cブランドが多くローンチしています。良くも悪くもパンデミックは我々の生活にさまざまな変化をもたらしましたが、それは企業活動に対しても例外ではありません。 JaredさんとKaleighさんがD2Cブランドを分析する中で発見した知見をまとめた記事となっています
Business

Finding “product-human need fit” in the post-Covid era〜ポストCovid時代に「製品と人間のニーズの適合性」を見つける〜

ポストコロナの時代を勝ち抜くためには、消費者が置かれている状況がコロナ以前と違うことを認識し、適切なアプローチをかける必要があります。ではまず、いま現在の消費者の在り方はどのように変わったのでしょうか?今回の記事では、マズローの欲求階層説を例にご紹介していきます。
Design

ユーザーエクスペリエンスの8つのコンピテンシー:UXプラクティショナーを評価・育成するためのツール

昨今、UXデザイナーという職種に注目が集まっていますが、具体的にどんなことをする職種なのか、どのような能力が求められているのか、正確に理解できている方は少ないでしょう。 いま現在、UXデザイナーを目指しており能力開発していきたい方、興味がありこれから目指したい方、どちらにも有益な記事となっています。
Business

投機としてのスポーツ

スポーツ業界とNFTについての展望を予測の記事となります。2021年はNFT市場は飛躍の年となりましたが、スポーツとテクノロジーが交わったとき、その可能性はまだまだ成長の余地があるでしょう。 コレクタブル資産としてのスポーツにはどのような可能性があるのでしょうか。今回の記事で解説していきたいと思います。
Study

書くことは考えること〜自信を持って書けるようになる〜【後編】

回の記事は、Steph Smithさんによる「Writing is Thinking: Learning to Write with Confidence」という記事の翻訳になります。 この記事では、文章を書いてアウトプットする、という行為がなかなか苦手で自信が持てない方に対して、筆者のSmithさんが実際に行なっているプロセスを紹介しています。後編の記事では、実際の6つのプロセスについて解説していきます。
Study

書くことは考えること〜自信を持って書けるようになる〜【前編】

今回の記事は、Steph Smithさんによる「Writing is Thinking: Learning to Write with Confidence」という記事の翻訳になります。 この記事では、文章を書いてアウトプットする、という行為がなかなか苦手で自信が持てない方に対して、筆者のSmithさんが実際に行なっているプロセスを紹介しています。オリジナル記事が少し長いので、今回は執筆までのハードルを下げるための考え方、そしてそのプロセスのサマリーをお話ししています。
Study

McKinseyの(真の)秘伝書

マッキンゼー・アンド・カンパニーが我々が知る中でも特に優れた頭脳集団であることは、多くの方がご存知だと思います。彼らの凄さは、マッキンゼー秘伝の魔法のフレームワークにあるのでしょうか?またはそれ以外の部分にあるのでしょうか?
Design

Genslerによる8つのインテリア・建築プロジェクト

この記事は建築家であるArt Gensler氏が2021年5月に亡くなったことを受けて執筆された、彼のプロジェクトの中でも最も評価が高く、私たちの記憶に残っている8つのプロジェクトをご紹介します。 オリジナル記事はIndia Blockさんによって書かれた「Eight interiors and architecture projects by Gensler」という記事になります。
Study

アメリカにおける世代別の社会的影響力ランキング

今日の記事は、市場、テクノロジー、エネルギー、世界経済などのトピックに焦点を当てた記事を配信しているVisual Capitalistの中から、Carmen Angさんによる「Ranking U.S. Generations on Their Power and Influence Over Society」の翻訳版となります。 Z世代やミレニアル世代など、テック関連の話題になると必ずと言っていいほど出てくる世代分けですが、やはり現状だと多くの観点から最も影響力が強い世代はベビーブーマー世代といえるでしょう。
これは今回の記事はアメリカをベースとしていますが、日本でも同じ構図だと言えるはずです。 そのような中で、ベビーブーマー世代は徐々に退職の年齢に近づいており、次の世代へとバトンが渡される時期も近いと言えるでしょう。
次に最も力を持つのはどの世代なのか。各世代のパワーバランスを見ながら探究していきます。
タイトルとURLをコピーしました